Chotto Matte Kudasai(Never Say Goodbye)

2人組ユニットが日本でブームを巻き起こそうとしている。その名も“DOZ(ディーオージー)”。
この2人組ユニットは、コミカルな動きと共に日本語「ありがとうごじゃいます」「すみません」の二言だけを繰り返すナゾのおかっぱ韓国人ラッパー。
インタビューで、特技が歌というイ・ギウクは今年を振り返り、「2010年は自分たちにとって意味がある年です。『ありがとうごじゃいます』が日本で人気が出てこうやって日本に来られたことが大きな出来事」とうれしそうに語った。
http://news24.jp/entertainment/movie/293211.html

DOZ – ありがとうごじゃいます

千里万博の翌年『ちょっと待って下さい』という素敵なハワイアン・ボサノバが流行ったことを、思い出しました。
「ちょっと待った!」の『ねるとん紅鯨団』はふた昔前、田原総一朗「ちょっと待って!そこよくわかんない!CM明けたらそこから聞きたい」の『朝まで生テレビ!』も始まったのは同じころ。
この歌はさらにそれより十数年も古いのだから、若い人は知らないかも。
Chotto Matte Kudasai(Never Say Goodbye) 邦題『ちょっと待って下さい』はローヤル・ガーナー(Loyal E. Garner)作詞、日系人ジーニー・中島(Jeanne Nakashima)作曲。
1971年7月ごろからハワイで創唱者サム・カプーのバージョンを筆頭にローカルヒットし、遠く対岸のロスでも、メロウなコーラスグループ サンドパイパーズ盤がリリースされて、一気に世界的ヒットにつながった楽曲でした。

Sam Kapu – Chotto Matte Kudasai(Never Say Goodbye)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

どういうわけかずいぶんといろんな人がカバーしてまして、以下はそのほんの一部。
(下左)『ちょっと待って下さい』c/w『ワイキキ』ドン・ホー ワーナーブラザーズ・パイオニア 1972年1月
(下右)『ちょっと待って下さい(日本語)』c/w『ちょっと待って下さい(英語)』リンダ・グリーン 日本フォノグラム(PHILIPS)

(下左)『ちょっとまってください』c/w『恋は気まま』ジャック・ヴィアル キャニオンレコード 1971年10月
(下右)『ちょっと待って下さい』c/w『自由への道』サンドパイパーズ キングレコード(A&M)1971年10月

(上左)『ちょっと待って下さい(日本語)』c/w『ちょっと待って下さい(ポルトガル語)』ジェミネス(GEMINESSE)キングレコード(ユナイト) 1971年
(上右)『ちょっと待って下さい』c/w『愛の世界』蟇目良(ひきめ・りょう)テイチク 1971年

 

日本で一番売れたのは、もしかしたらゴールデン・ハーフ盤かもしれませんね。

ゴールデンハーフ – チョトマッテクダサイ

  ※(追記:この動画は削除されました

 

フォーリーブス – ちょっと待って下さい

  ※(追記:この動画は削除されました

 

この歌、台湾、香港、シンガポールでもヒットしたようです。

陳芬蘭 – 你等一等我

  ※(追記:この動画は削除されました

 

鳳飛飛 – 求求你我的愛

  ※(追記:この動画は削除されました

 

櫻花 – 我不明白(1972)
Sakura – Chotto Matte Kudasai
Singapore

 

Sandii – Chotto Matte Kudasai(Never Say Goodbye)

Piano : Martin Denny
Vocal : Sandii
Accoustic Guitar : Haula Shimakini
Marinba & Vibraphone : Julius Wechter
Other INstruments : Yann Tomita
Arranged by Daniel Ho & Martin Denny

  ※(追記:この動画は削除されました

 
 

<参考>
The Coasters – Wait A Minute(1961)

<参考>
TBS・大映テレビ『ママはライバル』(1972)OP
岡崎友紀 – ママはライバル

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
3yo dorobo – CHOTTO MATTE KUDASAI.

<参考>
Chairmen Of The Board – Give Me Just A Little More Time(1970)

◆    ◆    ◆

日本語が入ってるといえば、評判の悪いこういうのもありました。

ノボル西本、ジョージ島袋 – ジャパニーズ・ルンバ(1951)
作詞:J・Miller、作曲:服部レイモンド

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jane and Audrey Meadows with the Hugo Winterhalter Orchestra – Japanese Rhumba

Harold Sasahara & Club Nisei Orchestra – Japanese Rumba

◆    ◆    ◆

お若ぇの、お待ちなせえやし。
待てとお止めなされしは、拙者が事でござるかな。
これは御存知鈴ヶ森、幡随院長兵衛と白井権八のセリフです。

歌の世界では『ちょっと待って下さい』のように恋人に「行かないで」と呼び止める歌が圧倒的。

Eddie Carlton – Wait

  ※(追記:この動画は削除されました

 

それ以外で思い出されるのは郵便配達員を呼び止める『プリーズ・ミスター・ポストマン』。あとほかにありましたっけ。

追加記事

150411_01
Source: 8月6日原爆投下の「軍事計画書」がオークションに登場!5200万との予測も|面白ニュース 秒刊SUNDAY

B-29のノーズアート
(2015年4月11日)

追加記事

2017/01/09
「ブレイク時の彼らに反日疑惑が持ち上がったんです。コンビ名前にある8.6は8月6日の広島に原爆が落とされたの日を意味し、また決めポーズも広島にある原爆の子の像に似ているとウワサされました。その他にも、ネタの中にある『チョトマテ、チョトマテお兄さん』というフレーズと、爆撃機の名前が酷似していることなどもあげられました。どれも根拠のないものですが、ここまでピッタリ一致してしまうと、言い逃れはできなかったようです」
 このウワサが飛び交ってから、ネットは炎上する騒ぎとなり、テレビ局からのオファーも激減。2人をテレビで見かけることは少なくなった。
http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_73313/

広島はエノラ・ゲイ号、長崎はボックスカー号。

(2017年1月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です