日別アーカイブ: 2009/05/02 土曜日

バーブラの鼻筋

しまった!
YouTube見てたら朝になっちゃったよ、、、、

こんな動画を見てました。

The Tymes – People(1968/08/20)

Barbra Streisand – People
from the movie “Funny Girl”(1968)

Barbra Streisand – People
from CBS television special “My Name Is Barbra”(1965)

Steve Lawrence – People(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Nat King Cole – People(1964/04/06)
conducted by Ralph Carmichael

Barbra Streisand – People(1964/01/21)
conducted by Peter Matz

Pop Chart Peaks: Billboard 5, Cash Box 5, Record World 7
Barbara’s first major record hit was this Jule Styne-Bob Merrill ballad that she performed in her breakout role as Fanny Brice in the Broadway hit “Funny Girl” (and reprised in the 1968 film version that earned her an Academy Award). This is the popular single release as opposed to the different version found on the Original Cast LP issued on the Capitol label.

Barbra Streisand – People
from the album “Barbra Streisand, Sydney Chaplin ‎- Funny Girl (Original Broadway Cast)”(1964)

ブルックリン育ちのバーブラはユダヤ系で、人気が出て以降は政治的立場も表明していました。その主張はともかくとして、この人が20世紀を代表する歌手であることは間違いない。1曲挙げるとすれば『ピープル』でしょう。

Liza Minelli – Cabaret(1971)

Liza Minelli – New York, New York(1977)

ライザ・ミネリは破滅型の天才でしょうか。何度かカムバックをしてますけど、全盛期は70年代でした。

Pat Carroll, Judy Stone, Little Pattie, Laurel Lea’1960’s’

Pat Carroll – Why Do Fools Fall In Love(1960’s)
Judy Stone – Born A Woman(1966)
Little Pattie – Pushing’ A Good Thing Too Far(1966)
Laurel Lea – Tomorrow(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Little Pattie – Sunshine, Lollipops & Rainbows

Pat Carroll – One Fine Day(1963)

オージー・カバー・ポップスや かの地の60年代アイドル歌手たちについては今でもほとんど知られてませんね。
口パクとはいい条『Pushing A Good Thing Too Far』を歌ってるリトル・パティの映像が存在する、これは嬉しいことです。

今でも湯船に浸かってるときに、♫わったしはオッチャメぇぇなハイティーンッ、とか歌うことがあるんですよ。
クレイグ・ダグラスはイギリスのパット・ブーンみたいな人で、老け顔の印象です。

Warner Mack – Roc-A-Chicka(1957/10)

Jim Lowe – Rock-A-Chicka(1957/10)

Frankie Vaughan – Rock A Chicka(1957/12)

YouTubeには沢たまきの『ロッカ・チッカ』もポスティングされてました。

沢たまき – ロッカ・チッカ

Steve Lawrence – Party Doll(1957)

Steve Lawrence – Can’t Wait For Summer(1957)

Steve Lawrence – Girls, Girls, Girls(1960)

Steve Lawrence – The Drifter
1969 ABC Television

Steve Lawrence – The Drifter(1969)

スティーブ・ローレンスは初期のアルバム『Songs by Steve Lawrence』で、バディ・ノックスの『パーティー・ドール』やロカビリーの名作『ファビュラス(Fabulous)』をカバーしてます。このアルバムの時点ですでにシナトラ指向は明確でしたが、パットブーンなどとは違ってかなり器用な人で、ちゃんと“ロケンロー”してました。

Steve Lawrence & Eydie Gorme – Bashana Haba’ah hebrew

passover Bashana Haba’a

אילן ואילנית בשנה הבאה – שנות השבעים

  ※(追記:この動画は削除されました

 

‫רחלי חיים – לאה לופטין – עזרא דגן – בשנה הבאה – 1979

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Bei mir bist du schejn “original” yiddish version

Beatles: A Hard Day’s Night – in Yiddish

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Trinkt le Chaim(Jewish Wedding Song)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

“Funny Girl” Images of Barbra- Yiddish song-Sholom Secunda

『バシャナー・ハバアー(Bashanah Habaah=In the coming year)』はイスラエル民謡(ユダヤ民謡)の中で一番好きな曲です。
来年は平和で実りの多い良い年になるよという歌で、宗教色は希薄。神に祈ろうといった言葉は出てきません。
イスラエルや各国のユダヤ人コミュニティーで、特に年末に歌われることの多いようです。
イスラエル民謡はシプシー(ロマ)の伝統音楽、ギリシャ民謡、ロシア民謡、スペイン民謡、中近東の民謡などとも相通ずるムードがあり、その哀愁を帯びた旋律は日本人の好むところでしょう。
かなり昔、ペギー葉山の『学生時代』を聴いていて、イスラエル民謡のテイストに近いものがあるなぁ、と感じたことがありました。

下の動画は、ベンチャーズ・スタイルのバンドが『バシャナー・ハバアー』を演奏している、私にとって非常に興味深い映像です。

Meshugga Beach Party – FORBIDDEN ISLAND – Bashana Habaa

ついでにこういうのもど~ぞ。

Frank Slay & his Orchestra – Flying Circle(1962)
“Hava Nagila”

Pop Chart Peaks: Cash Box 43, Billboard 45, Music Vendor 58
Bright instrumental treatment of the familiar Israeli folk song. Composer and record producer Slay created many of Freddy Cannon’s recordings and also co-wrote (with Bob Crewe) such song hits as “Silhouettes,” “Tallahassee Lassie,” and “La Dee Dah.”

Betty Madigan – Dance Everyone Dance(1958)
“Hava Nagila”

New lyrical treatment of the famous Israeli folk song.
Chart peaks: Cash Box 27, Music Vendor 29, Billboard 31

追加記事

松雪泰子や藤原紀香の『キャバレー』は外人にはちょっと見られたくないですが、元宝塚花組で男役トップだった春野寿美礼の『ファニー・ガール』なら大歓迎。
ちゃんと勉強し精進を重ねたこうした方々にこそ、どんどんミュージカルをやっていただきたい。
少しでも本場の舞台に迫るものを作ってもらいたいですね。
(2009年10月21日)